ゆいべる印のずぼらヲタ活手帖。

推したちが可愛すぎて語彙力を失ったドブネズミの記録。

ボクのシューカツ。ゆるゆる感想編

Patch Stage vol.12 ボクのシューカツ。

東京公演が終了しましたぁぁ!!!

 

f:id:yuiiibell221:20181118073153j:image

 

書きすぎてしまうとネタバレしかねないので

公演後にまとめて書く(全然纏まっていないが)

ゆいべる式レポスタートです☆←は?

 

今回の舞台は就活と終活にフォーカス。

中学時代に旧用務員室に集っていたか

学年が異なるかつての学生達の同窓会で

自分が抱えている悩み(主にシューカツ)やさらけ出し

元用務員のおっちゃんとの思い出を懐古することで

心の中で抱えた荷物を置いていくまでの過程を描いた

90分の会話劇でした。

 

ぐぬぬっと抉られるシーンが多々ありました。

(以下台詞等が曖昧ですが、ご了承ください)

 

各々が10年前にお世話になったおっちゃん(当時70)が

5年前に用務員を退職した話をする中で

特に近藤頌利くんが演じた葵先輩の

「5年前おっちゃんが辞めた時に会いに行けば良かった」

「中学の頃に感じた1年に比べて

大人になってからの1年ってあっという間やな」

その言葉が私にとって1番しんどい言葉でした。

来年の3月で1人の親友を亡くして丸10年経つのですが

その頃に感じた後悔と重なり観劇回数を重ねる度に

葵先輩の言葉が重くのしかかって来ました。

(それにしても何というタイミングなんだ)

 

松井勇歩くんが演じた主人公鞍馬と

竹下健人くんが演じた三輪くんの関係性を見て

なんかこういう関係好きだなぁと感じました。

鞍馬がいたから三輪の机ポエムが生まれ

三輪と吉本考志くんが演じた田村が繋がり

その机ポエムがあったから

藤戸佑飛くんが演じた小原の曲である

ラクガキ。」(劇中歌)が生まれた。

些細なことが時に大きな影響を与えるんだなぁと

改めて実感しました。

 

そして鞍馬のアホさ加減がいちいち可愛かった。

されど10年を「さほど10年」

70歳のお祝いである古稀が分からなかったり

80歳の傘寿を30?と思い込んでいたり

留めは「祈ってやみません」を否定だと思ったり…

そりゃ田中亨くん演じる奥菜(おっちゃんの孫)も

「アホ」って言いたくなるわな(*´Д`)

そんな奥菜(おっちゃんの孫)も身振り手振りが

いちいち可愛すぎて悶えていた。

 

可愛いの渋滞かよ\(^o^)/笑

 

まだまだ書ききれないほど魅力たっぷりなボクカツ。

 

今回の舞台で劇団Patchの劇団員が

もう1人も欠けて欲しくない!!と

今まで以上に強く思うようになりました。

 

劇団員全員で東京へ殴りこみます

松井勇歩くんの発言に対して

ぶん殴られ殺される覚悟なら出来ているから

   気が済むまで殴れば良い!!」

割と最初から死ぬ気でした。(いろんな意味で)

 

結果、東京公演初日(私にとっての初見)時点で

ボコボコに殴られ骨折られるどころか

12人の劇団員に骨抜きにされましたよね。

 

舞台本編だけでなく公演後の物販で

竹下健人くんと初めてお話出来て嬉しすぎて

ニアデスハピネスなんじゃないかってくらい

うふふーあははー♡ってしてました(*´ω`*)

 

舞台本編で骨抜きにされ物販で魂抜かれ

Patchさん達最強集団やと思いました。

 

さらに!!大千秋楽の時!!

松井勇歩くんがおもむろに懐から紙を出し

次回Patch公演が決まりましたと報告。

 

驚くのはそれだけではなかった。

次回公演のタイトルは

Patch × TRUMP series

10th Anniversary『SPECTER』

絶対死ぬヤツやん(SPECTERからのPatchヲタ)

 

発表された瞬間、きゃー!!でしたよ!!

それと同時に号泣したよね!!

隣にいた納谷健くんのファン(SPECTER未履修)

の方に

「SPECTERは本当に素晴らしいですよ」と

軽ーく宣伝をしてきました( ^ω^ )是非とも見てー!