ゆいべる印のずぼらヲタ活手帖。

推したちが可愛すぎて語彙力を失ったドブネズミの記録。

マリーゴールド感想

ちわっす。ゆいべるです。

 

ようやくマリーゴールドを観劇してきました。

 

 

マリゴ観劇が待ち遠しくて

一体どれほどのネブラ村を創設したことやら…

(※深刻な繭期の発作が出ています)

そんな繭期な戯言は置いといて

早速感想を綴って行こうと思います!!

 

 

 

※この先からネタバレがあるかもしれません。

ネタバレやめてや!って方は気をつけて。

 

 

 

 

 

 

サンシャイン劇場での公演だったのですが

帝国劇場にいるかのような錯覚を覚えるくらい

鳥肌がぶわーっと立ちました!!!

 

観劇前からキャスト見ただけでも凄みを感じました。

元宝塚の壮一帆さんと愛加あゆさん。

アンジュルム田村芽実ちゃん。

帝劇俳優の吉野圭吾さん。

そして成長著しい東啓介くん。

推しちゃんと同じD2改めD-BOYSのみっちゃん。

え、このキャストで8000円代で観られるの?

ねぇ、ホントに8000円代で良いの?良いの?

って動揺するくらい豪華なキャストでした。

 

主演の壮一帆さんは本当にオーラが凄まじい…

流石は元宝塚!!気高さハンパねぇ( ゚д゚)

溢れ出す母性が素晴らしかった!!

本当にこの方がアナベルで本当に良かった!!

アナベルは作家なのですが

ペンネームがなんとあの貴族の名前なんです。

(TRUMPシリーズでお馴染みのあの方です)

ラストシーンのアナベルも圧巻でした。

大阪公演もあるのであまりかけませんが

とにかくガーベラとの親子のシーンにほろりと。

 

ガーベラ役の田村芽実ちゃん。

グランギニョル以来のめいめいだったのですが

やっぱりめいめいはとんでもない子でした。

めいめいを見て(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?って

終始魅入るくらい凄かったです。

(語彙力乏しいのがツラい)

LILIUMでああやって繋がるのかぁと思うと

ああ胸が痛いしんどい(*0*;)

 

エリカ役の愛加あゆさん。

めいめいと同じくグランギニョル以来のあゆ様。

美という言葉を擬人化したんじゃないかってくらい

ビジュアルも歌声も本当に美しいんです。

エリカ様出る度につい目で追っかけてしまいました。

 

ヘンルーダ役の吉野圭吾さん。

個人的に1番気になっていた吉野さん。

1789を観劇時から今まで吉野さんのソロ曲が

毎日のように頭の中でぐるぐるしたり

気づいたら口ずさんだりとするくらいでしたので

今回もお芝居が見られて本当に良かったです。

 

コリウス役の東啓介くん。

足長い。顔小さい。一体何頭身だったのだろうか。

絶対足の長さ5mくらいあるよね?

我守護の曲では一帆さんあゆさん吉野さんという

ミュージカルスターの方々の中で凄い堂々としてた。

ナベプロで帝劇に1番近い男だと確信している。

 

ソフィー役の三津谷亮さん。

3+2+8=∞でお馴染みのみっちゃん。

忍ミュやテニミュやガランチで

ミュージカル経験は割とあるけど

あのキャストの中でみっちゃんは大丈夫か?と

正直観劇前はめちゃくちゃ心配でした。

でも今回1番度肝を抜かされたのは彼でした。

5年前にソフィーを演じていたみっちゃんが

マリーゴールドでソフィーとして帰ってきた。

ネタバレになってしまいますが

TRUMPでクラウスのイニシアチブにより

不老不死となったソフィーの苦悩が

今回のマリーゴールドで心が痛くなるくらい

大胆且つ繊細に表現されていました。

とにかくソフィーが三津谷亮で良かった。と。

 

長々と失礼致しました!!