ゆいべる印のずぼらヲタ活手帖。

推したちが可愛すぎて語彙力を失ったドブネズミの記録。

 

大切な人の誕生日。

28歳の君はどんな大人になっていたのかな?

多分心優しい大人になっていたことでしょう。

 

君が歩むことが出来なかった9年半

私は君の分まで強く生きられたのかな?

 

大丈夫。もう1人じゃない。

心の中にいつでも君という強い味方がいる。

 

君が見られなかった景色を

君の魂ともにこれからも生きていく。