ゆいべる印のずぼらヲタ活手帖。

推したちが可愛すぎて語彙力を失ったドブネズミの記録。

2009.3.5→2019.3.5

2019年3月5月、18歳の君へ。

 

今年も目を閉じて空の上に思いを馳せる。

 

あの日から10年の月日が経った。

 

気づいたらもう28です。

 

そう、完全にアラサーど真ん中です。

 

もし今でも君が生きていたら28歳の君は

きっと素敵な大人の女性になってるかなと

時々考えることがあります。

 

私は相変わらずマイペースだけども

なんとか毎日ゆるゆると生きています。

 

仕事やプライベートでストレスが溜まりやすく

すぐに表情や声色に出てしまって

他人をイラつかせてしまうこともありますが

何とか乗り切れていますので大丈夫です。

 

今は地元で色々あってあの頃の仲間とは

完全に孤立しているけれども私は大丈夫です。

 

地元では孤立している私だけども

心から親友って呼べる友達がいるので

私はなんとか毎日生きていますので大丈夫です。

 

そう言えば昨年のFNS歌謡祭で

DA PUMPモーニング娘。がコラボしました。

 

君と私が大好きだったアーティストのコラボ

空の上から見ていたかな。

 

もし君がいたら一緒に合いの手やらなんやらを入れ

2人して盛り上がっていたのかな。

 

生前君が好きだったDA PUMP

U.S.Aがきっかけで2018年に再ブレークしてます。

今度の新曲もなかなか良い曲です。ファビュラス。

 

そんな感じで何だかんだで

私は私らしく生き抜いているので

もう心配することはありません。

 

もうすぐ君が18年間必死に生き抜いた

平成という時代が幕を閉じます。

 

次の時代はどんな時代になるのか楽しみです。

 

次の時代の景色を見せてあげたかったけど

それはもう出来ない。

 

だからせめて空の上の君にも届くように

私が必死に新しい時代を生き抜こう。

 

君が救ってくれた命がここにあるんだと。

 

そして君の分まで強く前へ歩んでゆく。

 

いつか再び君と出会える日まで。

山田裕貴のヲタクで良かった!

本当に突然ですが…

山田裕貴は人を幸せな気持ちにする天才✨

だと私は思っている(^ω^≡^ω^)❤️

 

先日写真集重版記念の握手会&スタンプ会に参加し

山田裕貴ファンの方々の表情やTwitterを見ていたら

幸せだなぁってニヨニヨしてしまいました😊❤️

もちろん私自身も心がポカポカになりました😚

今回は山田裕貴との握手が会初めてである

ゆいべる母(加藤和樹ファン)も参加しましたが

凄く嬉しかったとのことです|´∀`●)❤️

多分私以上にニコニコしていましたね😀笑

 

握手が初めての方だけではなくそうじゃない方も

誰もが満足しているように思えました(*´艸`*)❤️

ここまで俳優さんもファンの方も温かい現場って

滅多にないんじゃないかなぁと感じました⭐️

ここ数年で他の現場に足を運ぶようになって

いろいろなファンの方々を見てきたからこそ

山田裕貴の現場の居心地の良さが

改めて実感するのですq(q''∀`*)❤️✨

同じファンに対する妬みや嫉みが少ないからかなぁ。

私は約8年半山田裕貴を推していますが

現場の雰囲気は昔より今の方が好きです☺️

 

これからも1つひとつの現場と作品を大切にして

未来の俳優王の成長を見守っていきます⭐️

 

 

2019年始動!推しメン′19公開\(^o^)/

遅ばせながらあけましておめでとうございます!

新年の挨拶が遅くなってたるんどるゆいべるですw

今年も宜しくお願い致します(ノ´▽`)ノ♪

 

さあさあ!2019年が始まりました\(^o^)/

「2019年の幕開けはモニタリングでやまださんじゃー!」と

ヲタ活開きをしようと張り切っていたのに

え、やまださんが出なくて撃沈しました。

年明け前の予告で出てたのに?どゆこと?

TBSさん手塚ファントムでも使った??って

悲しくなりました( °_° )やまださーん!

 

その悲しみを翌日のケンミンショーに出ていた

モーニング娘。'19の牧野真莉愛ちゃんで癒されてきた。

(超絶美少女なんですよ、真莉愛は。)

羽賀朱音ちゃんもリアクション良かったなぁ。

地上波で娘。を見られる度に嬉しくなりますね。

今年はもっと沢山見られますように。

 

そして今月の27日にはやまださんの接触イベ!

握手会兼スタンプ会ですって\(^o^)/

ぐへへ楽しみすぎる(ノ´▽`)ノ♪

 

さて。

今年の推しメンを5人紹介します。

 

まずは我らが山田裕貴\(^o^)/

f:id:yuiiibell221:20190106092053j:image

今年も本命として推していきますよ( ^ω^ )

4月からなつぞらも始まるということで

やまださん大躍進の1年になりそうです☆彡.。

 

続いて劇団Patch竹下健人( ^ω^ )

f:id:yuiiibell221:20190106092915j:image

西の推しこと健人くんも引き続き推します☆

いつかやまださんと共演して欲しいなぁ。

 

そしてモーニング娘。′19(^o^)

 

その中でも

10期の石田亜佑美ちゃんと12期の牧野真莉愛ちゃんと

9期でリーダーの譜久村聖ちゃんを推していきます!

 

 

14年目幕開け、ヲタクとしてのポリシー。

個人的なことですが

今月で俳優ヲタク14年目に突入しました。

 

改めて自分にとって

「自分にとって俳優を推すポリシー」について

綴ってみようかなと思います。

 

ここから先は私の主観なので

不快に思う方もいるかと思いますので

先に謝罪しておきます。申し訳ございません。

 

 

【どうして俳優ヲタクになったの?】

そこに推したいと思える俳優がいるからです

ざっくりし過ぎな理由ですね。すみません。

 

【どんな俳優を推していきたいと思うか】

謙虚な姿勢且つどこまでも貪欲な子。

成長する過程を見ていきたいヲタクなので。

悩んで何度も足掻いている姿や

ひたむきに努力する姿を見てしまうと

「応援していきたいなぁ」と感じます。

(舞台裏とかメイキングに弱いんですよね。)

どんなに有名になっても高飛車にならずに

変わらない謙虚さは本当に大事です。

現状に満足することなく努力をし

進化し続ける子は絶対に売れます!!

13年間俳優を追い続けている私の持論です。

 

【逆に苦手な俳優のタイプは】

あざとい系の俳優は苦手ですね。

媚び諂う俳優も本当に無理です。

あまり好きではなかった某俳優が

某演出家の作品に出たいと媚び売りまくって

出演予定だった俳優さんを降板させたという話を聞き

「やっぱりこの人無理だわ」ってなりました。

 

【俳優を推す際に心掛けているコト】

①推しを1人の俳優として応援する

何これ当たり前じゃんと思うかもしれません。

ただこれが本当に大事なんです。

なるべく特定の役に固執はしないようにして

役としてではなく1人の俳優として見ています。

 

②推すor推さないを決めるのは

2作品以上見てからもしくはSNSを見てから決める

1つの作品を見て好きだと宣言してしまうと

①と重複してしまうかもしれませんが

俳優=役としてしか見られなくなります。

この俳優が一体どんな人柄なのか

他にどんなお芝居をしているのか見極めてから

推すかどうか判断をするようにしています。

私の場合は推すかどうか判断出来ない俳優の場合は

「気になる俳優」として名前を挙げます。

 

③軽率に推さない

うわ〜!出たよガチ勢〜!!と思うかもですが

軽率に推す位だったら推さない方が良いです。

ビジュアルが良いとか誰かの共演者だからとか

そんな理由だけで推していたら

正直俳優として向き合えないのかなと思います。

 

④身の丈にあったヲタク活動をする

庶民の私にとってはこれは本当に大事。

自分が生活出来る範囲で現場に出向きます。

基本マイペースでヲタ活するようにしてます。

長くヲタクを続けたかったら無理はするな。

 

⑤プレゼント等は極力コストを抑える

庶民にとって悩みの種の1つプレゼント問題。

現場によってはお花とか送れるものもあるのですが

  1. 私は基本送らない派なんですよね。

1基の基本相場がだいたい15000~20000円。

オプションも付けたら30000円超えするとか…。

それだったら自分の推しにとって

役立つ何かをあげた方が良いなぁと思います。

私の場合は顔パックや入浴剤セットを

日頃のスキンケアや癒しの足しにして欲しいと

プレゼントしています( ^ω^ )

俗にいう消耗品要員です。

ごく稀にパンツをあげることもありますが

これも立派な消耗品ですよね(苦笑)

 

⑥推しが欲しがってるモノは敢えて買わない

これには2つ理由があります。

1つ目は誰かと重複してしまうからです。

10人のファンが一斉に同じモノをあげると

推しの手元には同じモノが10個も届きます。

こんなに沢山持っててもなぁ…っていう

推しの姿が目に浮かぶと同時に

敢えて選ぶ必要はないのかなと感じます。

2つ目は欲しけりゃ自分で買え!という気持ちです。

別に推しに意地悪しているわけではありません。

私は推しには自分が稼いだお金で

自分の欲しいモノを買って欲しいのです。

その方が仕事に対する張合いが出るはずです。

「○○が欲しい」と言えばファンがくれる!って

自分の推しには思って欲しくはないのです。

推しを見るために仕事を頑張るヲタクと同じです。

 

⑦手紙は必須!そして全力で書く!

プレゼントとかにお金をかけられないので

私は手紙に力を入れるようにします。

作品の感想やここがよかったとか個々の意見は

意外に読まれていたりするようです。

時々役にも反映されるとかされないとか。

推している俳優に対して気持ちをぶつけられる

最良の方法は手紙だと思っています。

 

⑧見返りを求めない

俳優界隈って握手会とかチェキ会とか

公演後の物販とかイベントがあるんですよ。

応援してるのにどうしてファンサくれないの?とか

こんなお金出してるのにどうして冷たく遇うの?とか

私のこと嫌いなの?もうファン辞めようかな?とか

そう言う発言するファンの方がいますが

正直凄く痛々しいです。

俳優の仕事を考えてみてください。

俳優はアイドルでもホストでもじゃないんですよ?

お金を積んだ分報われるというのは幻想です。

 

⑨課されたルールは必ず守る

これは当たり前のことです。

会場で飲食するなと言われれば飲食しない

出待ちするなとか言われれば出待ちしない

守られない人には応援す資格はないと思います。

 

⑩万が一の時は推しの幸せを1番に考えろ

熱愛とか結婚とか自分の推しに直面した時

ヲタクには反対したり邪魔したりする資格は

絶対にないと思っています。

推しの幸せを願うのがヲタクの努めだと思います。

推しだってヲタクと同じ人間、そりゃ恋もするよ。

別に法を犯してるわけじゃないんだから

そっと見守るのがヲタクだと思います。

それと活動休止と退社と芸能界引退の場合。

「推しの引退は魅力を引き出せなかった事務所のせいだ」と

文句を言う方を必ず見かけます。

全部事務所のせいってお門違いも甚だしいです。

悲しいけれども推しが決めたことを受け入れるのが

ヲタクとしての責務だと思います。

 

 

 

最後に。

長々と綺麗事並べるなとか何言ってんだコイツとか

色々思った方もいると思いますが

これが私の俳優ヲタクとしてのポリシーです。

 

 

 

山田裕貴デビュー8周年記念日☆

 

昨日の28回目の生誕祭に引き続き

本日は推しちゃんこと山田裕貴くんの

デビュー8周年記念日でございます(ෆ`꒳´ෆ)

 

YMDの宴はまだ終わらないよ??

 

f:id:yuiiibell221:20180917230639j:image

 

そして!!

初めて山田裕貴と出会って応援しようて決めた

特別な記念日でもあります( ^ω^ )

 

20歳になりたての名古屋育ちの青年が

芸能界という扉を叩いた8年前が

長かったようで短かったような。

とにかく濃密だったのは間違いありません。

 

 

山田裕貴を応援していく中で

正直苦しいって感じる時期がありました。

 

戦隊モノのブルーは売れないというジンクス。

某有名俳優のおまけと言われたこと。

舞台俳優じゃないから伸びないって言われたこと。

書ききれないほど苦しいことを言われてきました。

本当に心の底からしんどかったです。

 

推しがこんなに頑張っているのに

どうして世間は評価してくれないの?

もっと推しを見て?ちゃんと芝居を見て!

と悔しすぎて涙を流す日もありました。

 

でもこれら全ての悔しみを吹き飛ばしてくれたのは

紛れもなく山田裕貴という1人の役者でした。

 

本当に8年間推してきて良かったです。

山田裕貴という俳優を信じてきて良かったです。

 

山田裕貴という俳優を8年見てきて改めて感じました。

 

貪欲さがあるから山田裕貴は成長する、

負けず嫌いだからこそ山田裕貴は進化する、

ひたむきで謙虚だから山田裕貴は好かれると。

 

ここ数年本当に沢山の作品で

山田裕貴の姿を見られるようになり

ああ幸せだなぁと噛み締めています。

 

ファンもこんなにも沢山増えて

山田裕貴の魅力を共有出来て

ただただ嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

欲張りだって言われるかも知れませんが

役者としての山田裕貴を見てもらいたい。

 

さあ、今日から9年目の山田裕貴の幕開け。

未来の俳優王に乾杯。

 

 

 

 

 

スーパースター。


初めてあの子を見た時、悔し涙を流していた。

あの子悔し涙を見て私は誓った。

いつかあの子に良い景色を見せてあげたい。

役者として最高の思いをさせてあげたい。

 


それから3か月してデビュー作品が決まる。

役者の登竜門と呼ばれるスーパー戦隊シリーズ

 

青い海賊としての1年が幕を開けた。

デビューから大仕事を担うあの子を

もっとファンとして支えていきたいと感じた。

 

でもある知人は私に言った。

スーパー戦隊はレッドしか売れない。

ブルーで仮にブレイクしても数年で消える。

残念だけど、これが現実だよ。

 


どうして決めつけるの?

そんな現実誰が決めたの?

何であの子ばかり酷いこと言われなきゃ…

当時の私は悔しい思いでいっぱいだった。

 


2014年、映画ストロボエッジへの出演が決まる。

しかし世間の声はとても厳しかった。

 


え、安堂くんの俳優って誰?

マジ無理。無名のくせに。

福士蒼汰のおまけ?え、マジ誰?

言われたい放題の批判の嵐に心が苦しくなる。

 


悔しくても泣いちゃダメ。

私があの子を信じないと何も始まらない。

大丈夫、あの子なら絶対大丈夫。

何度も自分に言い聞かせる。

 


でもやっぱりあの子は強かった。

批判の嵐だった世間をお芝居で黙らせた。

役柄に合わせ12キロの減量と持ち前のお芝居と

ストイックな姿勢を世間に見せつけた。

 

 

 

あの子は役者として絶対に大成しない。

だって映像中心でしょ?これ以上伸びないよ。

とある元同担が担降りの際に私に言った。


他の俳優さんファンからも

舞台中心じゃないから大したことない役者だと

何度も飽きるくらい言われてきた。

 

でもあの子を見てごらん。

話題の映画や連ドラに立て続けに出演。

来年には朝ドラへの出演が決まっている。

これでも大成出来ないって言えます??

むしろ伸びしろしかないですよね??

 

 

 

貴方と出会ってもうすぐ8年が経とうとしてます。

ここまで長く推してきた役者は貴方が初めてです。

年々貴方の活躍から目が離せなくなっています。

 


沢山ツラい思いや悔しい思いをしてきましたが

貴方の頑張りが私に光を与えてくれました。

 


貴方こそ真のスーパースター。

同い年の私の誇りです。

 


これからも山田裕貴の力を信じて。

加害者の共演者のヲタクとして言えるコト。

 

俳優ヲタクとして生きて12年と4ヶ月

この上ない悲しい出来事がありました。

 

あの報道から3日たった今でも

正直まだ気持ちの整理はついていません。

今でも怒りと悲しみがこみ上げています。

 

舞台挨拶当落発表当日に出た

青木玄徳氏の逮捕報道。

頭の中で真っ先に思い浮かんだのは

私の推しである山田裕貴のコトと

大好きな闇金ドッグスのコトでした。

 

推しが2015年から

ずっと大切にしてきた闇金ドッグスシリーズ。

推しにとってもファンにとっても

とても思い入れのあるシリーズ作品です。

青木氏は推しが演じる安藤忠臣の相棒役である

須藤司という人物を演じています。

 

毎回シリーズを重ねる度に

「続編はいつになるのかな」

山田裕貴の安藤忠臣がまた見たい」

「忠臣と司のコンビの今後に期待!!」と

その想いがどんどん強くなります。

 

2014年から出演している

ガチバンシリーズから数えると

今回公開予定の闇金ドッグス8は

推しが安藤忠臣として生きて

ちょうど10作品目にあたります。

 

今回の事件を受けて舞台挨拶は中止。

公開についても現時点では協議中とのこと。

 

私の推しの言葉でこんな言葉があります。

いつも応援して下さる皆様へお芝居を通じて

恩返し出来たらなぁと思っています

出演作品を見て推しの成長と推しの想いを

私達ファンは感じるコトが出来るのです。

推しにとっては作品を見てもらうコトこそ

最も幸せなコトだと私は思います。

その作品が公開中止になったらと考えただけで

物凄く悲しい気持ちになります。

 

母の知人で青木氏のファンがいるのですが

闇金ドッグスを通して玄徳くんが変わった。

闇犬以外の現場でも凄く明るくなった。

紛れもなく相棒役の山田裕貴くんのおかげ。

山田くんには本当に感謝しきれない。

ありがたい言葉を頂いたコトがありました。

 

山田裕貴のファンである私にとっても同じです。

青木玄徳氏が闇金ドッグスで相棒だったから

安藤忠臣として役を生きることが出来ました。

イベントでのトークに慣れてない推しが

青木氏と一緒にイベントに出るようになり、

他の現場でも堂々と話せるようになりました。

山田裕貴のパートナーが青木玄徳で良かったと

青木氏には本当に感謝していました。あの日までは。

 

青木氏本人を責めても状況は変わりません。

青木氏が犯した罪は消えるコトはありません。

こんな形で推しを悲しませられた身なので

役者として帰って来る日を待っていますなんて

口が避けても言えません。いや言いません。

 

最後に青木玄徳さん…

 

素敵な俳優さんだったので本当に残念です。

 

貴方から被害を受けた方、

貴方をずっと見守ってきた御家族の方、

貴方を応援してきたファンの皆様、

役者青木玄徳として関わってきた全ての方へ

とにかく一生をかけて償ってください。

 

加害者の共演者のヲタクとして言えるコトは以上です。